三縁山法浄院
森ヶ崎観音堂

三縁山法浄院のホームページにようこそおいでくださいました。 インターネット参拝ありがとうございます、ごゆっくりご参拝下さい。 皆様がお健やかにお暮らしいただけますように。 良きご縁をお待ちしております。

ホーム
別院・浦賀不動日月院
別院・日徳庵
別院・御嶽観音堂
法浄院聖苑
法浄院聖天堂

南無観世音菩薩

無病息災・諸願成就
南無観世音菩薩

無病息災・諸願成就

法浄院御縁起
法浄院は昭和20年5月の空襲で東京品川の不動堂を焼失してしまい、疎開先の茨城県の寺に入る話があった昭和23年6月半ばの昼頃、空光様がタンスに寄りかかって、庭を見ていると「汝ここから先は観音になるのだ、汝は山を望んでいるが、我の授ける所は海の傍の8畳一間のお堂では有るが、この地に来れよ」と聞こえました。はっとあたりを見まわしたが、誰もいませんでした、さて、其の地はいずれの所かと思っていううちに同年7月27日午前2時に身丈3尺程の巻物を持たれた、唐金の白衣観世音菩薩が枕辺に立たれて「汝我がお堂に来たれ、海辺ではあるがこの観音につくせ、霊験を授ける」と再び申されて二間四面の宝形造のお堂を見せられた。重なる不思議に驚いたものの、この御堂が何処にあるのかわからないでいたところ、数日して東京から信者さんがふいに訪ねて来て、話の中に森ヶ崎という所に観音堂があるというので、もしやと思い早速見に来たところ、まったくそっくりそのままなので、この観音堂に入りたいと交渉したところ、滞りなく話が進んで昭和23年11月13日無人の為、壁は落ちガラスは割れて畳みも戸もない、荒れ果てていた森ヶ崎観音堂に入った。これ以前の観音堂についての詳しいことは何もわからない、昭和24年には観音誠心講を設立し、昭和31年5月21日、空光様が亡くなり、現住職誠道代になった。昭和34年7月木曾御嶽山3合目大又に観音堂を建立し、昭和41年単立宗教法人「三緑山法浄院」を設立し、、本堂を建立し昭和43年浦賀別院日月院を引き継ぎ、昭和56年伊東別院日徳庵を開創し今日に至る。
法浄院二世住職・田中誠道
御本尊 白衣観音
/

法浄院縁起絵巻


森ヶ崎観音堂について
戦前最大の航空機墜落事故と森ヶ崎の観音

1938年(昭和13年)8月24日午前8時55分、日本航空輸送(株)のフォッカー機と、日本飛行学校のアンリオ機が森ヶ崎の上空で空中接触、フォッカー機は大森9丁目(現在の大森南3丁目、第四小学校付近)の山本ラッシュ(ネジ)製作所に墜落。一方のアンリオ機は森が崎(現在の大森南5丁目、森ヶ崎水処理センター付近)の民家の屋根に墜落した。両機の搭乗員は合わせて5名でしたが、救出しようとかけつけた工場従業員50名と住民数十名が機体に近づいた瞬間に飛行機のガソリンタンクが爆発。付近一帯は炎の海と化し、焼死体が続出しました。この事故は最終的に死者85名、負傷者76名に達する大惨事となったのです。犠牲者のほとんどが巻き添えをくった地域住民でした。

その後、墜落現場に近い森ヶ崎観音堂(法浄院)に「飛行機墜落死者大菩提也」と刻まれた慰霊の地蔵尊が建立されました。そして今でも8月24日には、観音講の人々によって供養が行われています。


(寺社に見る大田の民衆史より。)
水かけ地蔵





聖天さまについて
聖天さまとは、正式には梵名でナンディケーシュヴァラといい、漢訳され「大聖自在歓喜天」といい大日如来の教令輪身で、韋駄天の兄とされます。 略して「聖天」、「聖天さま」と呼ばれています。 もともとはインドの神様で、魔神から(十一面)観音様のお力で善神に転じました。聖天さまは大日如来の最後の方便として現世利益をもたらす仏です。
聖天さまには毎日欠かさず大根、歓喜団子、酒、等お供えをします。
必ず願いをかなえてくれると信じられています、他の神仏が捨ててしまうどんな、お願いでも必ず成就させていただける仏様です、内外の障難を他方世界に払い心中の求願をたちところに円満せしむる仏です。その霊験は「7代分の福を一身に集めてしまう」ほど大きいとされています。
正しいお祈りをすればどんなに無茶なお願いでも、かなえてくれると信じられてきました。
安心して心中の願いを打ち明けて下さい。

真言はオン・キリ(ク)・ギャク・ウン・ソワカ。
当法浄院での聖天さまのご縁日は毎月1日です。

聖天堂落慶

昭和47年に生駒山宝山寺より当山へと聖天様を勧請いたしました。それ以来、長い間願い続けた聖天堂並びに客殿(建坪42坪)がこのたび落慶いたしました。聖天様は偉大な力と大いなる自愛、現実的な願望成就に御霊験があります。そして華やかなることを好む聖天様の御心に叶うように願い、花天井を献じました。

聖天堂内部の様子はこちら

平成21年4月吉日




虚空蔵菩薩

年中行事
 1月1日(元旦)・初大護摩修行・午後2時
18日・初観音護摩修行・午後2時
28日・初不動護摩修行・浦賀日月院にて・午後2時
 2月3日・節分祭・星供護摩修行・午後2時
 5月21日・開祖空光様大祭・午後2時
 6月第3日曜日の土、日、月・四国八十八ヶ所お砂踏修行・午前9時〜午後8時
 7月21日、22日、23日・木曾御嶽山夏山登拝修行
 8月24日・地蔵盆、航空機遭難者供養、各家先祖供養、息災延命護摩修行・午後2時
12月冬至星供大護摩修行・午後2時
31日・納大護摩修行・歳徳大善神招福・午後2時




浦賀別院日月院大黒天

毎月修行
 1日聖天御縁日
 4日地蔵尊御縁日
 8日宇賀弁財天御縁日
 9日日徳法尼御縁日
10日大黒天御縁日
14日地蔵尊御縁日
18日観音御縁日護摩修行・午後2時
21日弘法大師、浄心法師、開祖空光菩薩御縁日
22日稲荷大明神御縁日
24日地蔵尊御縁日
25日聖如意救世法楽菩薩御縁日
28日不動尊護摩修行・午後2時(浦賀不動日月院にて)



ゆったりと季節の移り変わりを感じられる、日当たり最高の墓苑
森ヶ崎観音 法浄院聖苑


墓苑入口の様子


ただいま墓地分譲受付中です。

詳細はこちら



御祈祷・御祓い
病気平癒祈願
諸願成就祈願
合格祈願
身体健全祈願
各種厄除け
交通安全祈願
商売繁盛祈願
水子供養・各種ご供養
出張祭典(事前予約要)
地鎮祭
上棟祭
竣工祭
新宅祭
転居払
工事安全祈願
樹木伐採
井戸埋め



四国八十八ヶ所霊場巡礼

お砂踏み

当法浄院では毎年6月第3土、日、月曜日は「四国八十八ヶ所霊場お砂踏み」をしております。

「お砂踏み」は、四国八十八ヶ所霊場の各札所のお砂を踏みながらお参りすることで、各霊場を巡拝するのと同じご利益が得られるというものです。



法浄院(森ヶ崎観音)交通案内
地図
JR京浜東北線大森駅下車大森駅東口バスターミナルより森ヶ崎行バス乗車
(福祉事務所経由)(大森海岸経由)
どちらに乗っても終点森ヶ先にて下車徒歩3分
蒲田駅下車蒲田駅東口バスターミナルより森ヶ崎行きバス乗車
終点森ヶ崎にて下車徒歩3分。
京浜急行線平和島駅バスターミナルより森ヶ崎行きバス乗車 終点森ヶ崎にて下車徒歩3分。
蒲田駅バスターミナルより森ヶ崎行きバス乗車 終点森ヶ崎にて下車徒歩3分。
駐車場あります。 普通乗用車10台駐車可能。


単立宗教法人「三縁山法浄院」
東京都大田区大森南5−1−18
TEL: 03-3741-9616


Copyright(C) Houjyoin All Rights reserved since 2006

inserted by FC2 system